【第1企業法務税務】⑶会社設立・M&A

企業法務税務/事業承継/節税対策/資金調達 /

【会社設立・M&A】

 会社設立のハードルが下がり、会社を新設する方も増えてきております。
 しかしながら、会社設立当初に、会社内部の契約書、取引先との契約書等につき、十分に整備をしなかったばかりに、事業が傾き、事業継続が困難になるケースが散見されます。
 せっかく設立した会社の事業が順調に成長していくようにするためにも、会社設立段階で、弁護士に相談されることをお勧め致します。 
 

 M&A(企業買収・合併、会社分割・組織再編)による企業再編の動きが活発になってきています。
 M&Aに際しては、弁護士による法務監査を実施することが必須と言えますが、M&Aコンサルタントを名乗る怪しい企業等にM&A業務を委託し、弁護士による法務監査を行わず、後に大きなトラブルに巻き込まれる企業が後を絶ちません。
 M&Aは、動く金額も大きく、会社の帰趨を決する一大事業となりますので、弁護士への相談は必須であるとお考え下さい。
 株式買取請求につきましても、経営権確保の観点から、適切に対応しなければ、会社の代表権等を失うことになりますので、株式買取請求の動きの兆候等が見られる場合には、早期に弁護士にご相談下さい。
会社設立、M&A、株式買取請求等については、後の紛争発生を防止し、会社を発展的に拡大、消滅させていくことが重要となりますが、それを可能にする最良のスキームをご提案させていただきます。

 ㈱グローバルマネジメントは、各種会社設立支援、M&A(企業買収・合併、会社分割・組織再編)、株式買取請求について多数の実績がある法律事務所と提携しておりますので、是非、一度、ご相談にお越し下さい。

【取扱業務】
 各種会社設立支援、M&A(企業買収・合併、会社分割・組織再編)、株式買取請求に関する書面作成、交渉、調停、訴訟対応、強制執行等。