交通事故

交通事故 /

交通事故】

第1 交通事故の専門家弁護士への依頼の有効性
 交通事故の分野は、弁護士が示談交渉に介入することにより、損害賠償額が増額するケースが大半です。
 特に、死亡事故、後遺障害の認定を受けた事故、長期間にわたって入通院が続いた事故等では、損害賠償額が大きく増額するケースも多々見られます。
 後遺障害の認定手続きについても、弁護士に依頼して、被害者請求をしたり、異議申立てをしたりすることにより、後遺障害の認定等級が上がり、損害賠償額が大きく増額するケースも少なからずございます。
 交通事故の損害賠償については、弁護士を依頼されることを強くお勧め致します。

 

第2 在日韓国・朝鮮人の交通事故案件に関する特殊性
 交通事故に遭った場合(特に、死亡事故の被害に遭った場合)、当事者の親族関係を証明する書類を取得することが必要になるケースがあります。在日韓国・朝鮮人の方の交通事故の場合、親族関係書類を取得する際に、専門的な知識が必要になります。
 また、在日韓国・朝鮮人の方の中には自営業の方も多く、そのケースでは、休業損害、逸失利益に関する請求をする際に、その業務内容等を十分に理解した弁護活動が必要とされます。
 弊社が依頼をする弁護士は、在日韓国・朝鮮人法務に精通しておりますので、上記のような案件の特殊性も全く問題ありません。

 

第3 取扱業務
 死亡事故、後遺障害等級認定手続き(異議申立てを含む)、傷害事故、物損事故に関する書面作成、示談交渉、保全処分、訴訟対応、強制執行、刑事事件対応等を行う専門家弁護士への依頼業務。

 

第4 ㈱グローバルマネジメントが提携弁護士の強み
 ㈱グローバルマネジメントが提携する法律事務所には、交通事故に精通した弁護士が在籍しており、損害保険会社代理人、被害者側代理人として、多数の解決実績がございます。
 また、在日韓国・朝鮮人法務にも精通する弁護士に依頼を行いますので、死亡事故の場合、相続の問題も合わせてご相談を承らせていただくことが可能です。
 後遺障害等級認定手続き(異議申立てを含む)については、損害保険会社、医療法人、元損害保険料率算出機構職員等とも協働して、専門家チームを作り、対応させていただきます。
 交通事故に関するご相談は、初回、時間制限なく無料で対応させていただきます。なお、弁護士費用特約が付保されている場合には、相談料を保険会社に請求させていただきますが、相談者の方には、相談料をご負担いただくことはございませんので、安心してご相談下さい。